金型に欠かせない離型剤は簡単に使用できるものがオススメ

親子

フッ素コート剤は引火性のない離型剤がおすすめ

撥水

シリコン樹脂や、プラスチック、ゴムなどは、成形した状態で様々な製品として利用されています。常日頃目にする製品のような、綺麗に整った形に仕上げるためには、製品製造ステップの一つである成型加工の際に使用する離型剤を適切に選択することが肝心です。
離型剤を選択する際にチェックすべきポイントはいくつかありますが、まず、主成分としてフッ素コート剤を使用したものを選びましょう。フッ素樹脂塗膜の優れたすべり性と非粘着性のお陰で、製品を難なく金型から取り外しできます。特に、作りたい製品が、精密な設計のものだったり、薄いもの、小さいもの、あるいは、壊れやすいものである場合は、フッ素系離型剤を使用する方が、金型から製品を外す際の失敗が少なくて済むでしょう。
また、大量生産品の場合、使用する離型剤の量も相当なものになりますが、その場合は、溶剤として不燃性の物質を使っているものを選ぶ方がいいでしょう。引火性液体を利用する場合、量によっては危険物扱いになり、該当する法律の規定に従う必要が出てきます。フッ素コート剤を使用した離型剤には、不燃性溶剤を使用した現場で使い易い製品があるので、安全性の観点からも、そうしたものを選択するのが賢明でしょう。

ゴムチューブ等の成型にはフッ素コート剤が主成分の離型剤を選択

ゴムが素材の日用品は沢山ありますが、中でもチューブやパッキンは、どなたにもなじみのある製品ではないでしょうか。ことにパッキンは、圧力鍋を使用している方なら、鍋の密閉性を保つための必要不可欠な部品と認識している人が多いでしょう。パッキンにせよチューブにせよ、素材のゴムを、使用する場所、サイズ、目的等にパーフェクトにマッチする形に成型することが出来て、初めて製品として用をなします。その成型過程で大きな役割をはたしているのが、離型剤です。
離型剤は、主成分として使用されている薬剤の種類によりいくつか違うタイプのものがあります。ゴム製品の成型におすすめしたいのは、フッ素コート剤が主成分のものです。ゴムチューブやパッキンは、径が小さいものが多く、また他のパーツにはめ込んで使用するため形状が複雑なものが多いです。
こういった製品は、金型に非常に優れた離型性能を持つ製品を塗布しないと、型から綺麗に剥がすことが難しくなります。フッ素コート剤使用の離型剤であれば、フッ素樹脂塗膜が持つ強力な非粘着性により、どんなに細くて、切れこみや突起のある複雑な形状であっても、成形品をするりと金型から取り出せます。
デリケートな形状のゴム製品を作るなら、製品形状を損なうことのないフッ素コート剤を使った離型剤を選択しましょう。

ゴムやシリコン製品の成形にはフッ素コート剤使用の離型剤がおすすめ

ゴムやシリコンは、素材の優れた特性ゆえに、日常生活で使用するありとあらゆる製品に利用されています。それだけに、複雑な形状のもの、極端に薄型、小型のもの、精密なものもあり、高品質の製品を市場に出すためには、成形のステップで使用する離型剤として、高性能のものを採用することが必要不可欠です。
その要求に応えられる離型剤として、フッ素コート剤を使ったものがおすすめです。フッ素コート剤は、物体の表面にフッ素樹脂塗膜を形成して、その物体に強度の非粘着性、撥水撥油性、すべり性などの特性を付与することができます。そのため、これを離型剤として塗布された金型は、そこに流し込まれたゴムやシリコンとくっつくことがなく、成形物から綺麗に剥がれてくれます。
また、フッ素樹脂塗膜に特有の撥油性という特長は、よく防汚性とも表現され、その名の通り、油分由来の汚れを寄せ付けません。このため、金型に付着する汚れも軽減することが出来、洗浄に必要な手間暇を減らせる分、成形作業の効率化を図ることが可能です。
離型性能が悪い離型剤を使用して、成形段階で多くの失敗作を作ってしまうと、コストがかさんで、大きな損失を出すことにもなりかねません。特に、成形困難な製品の場合は、確実に綺麗な離型が出来る離型剤を選びましょう。

フッ素コート剤は引火性のない離型剤はフロロテクノロジー!離型剤は簡単に使用できるものがオススメです!

TOP